介護にかかわる請求ソフトの役割

介護保険制度は保険という名がつくことから、保険料の請求と支払いによって賄われているものとなります。

介護の事務ソフトについて正しい知識を持つこと重要です。

介護保険の請求は該当事業所ならびに施設が所在する都道府県の国保連合会に月初めから10日までに行います。

NAVERまとめの最新情報をご提供します。

自宅で介護を受けている利用者の住所が他府県の場合も、事業所や施設が所在地の国連合会に対して行います。


さて、この保険請求業務ですが、現在では請求ソフトが一般的に広く普及し使われています。



その理由として、介護保険には、一つ一つのサービスに対して、言わば利用料である単位数が設けられており、その組み合わせの中で実際の利用を決めていくのですが、加えて加算や減算という仕組みが設けられているため、その内容は非常に複雑であり、更には法律における改定もあるため、業務効率を上げるためにも請求ソフトが用いられることも理由の一つですが、やはり手作業による人的な請求ミスを無くすためという理由も大きなものです。

請求に欠かせない単位数の管理こそが請求ソフトのメインの役割ではありますが、介護を受ける人すなわち利用者の個人情報管理も役割の一つとなっています。


利用者個人個人に割り当てられている被保険者番号や、住所や生年月日、所属する保険者番号、利用したサービス事業者番号等、請求にあたっては何も単位数だけが合致していれば良いというわけではなく、これらの基本的な情報が正しく入力されている事が基本であり、その情報が合致して初めて保険給付を受けられるという仕組みであるためです。