介護現場の事故を元に作られるシステムとは

高齢化社会がますます進んでいる日本においては、介護が必要な高齢者の日常生活を支えている介護事業所の現場で働いている職員の役割はますます重要になっています。平成12年4月に介護保険法が施行された結果、高齢者支援サービスはその質をより求められるようになってきました。質を求められると言うことは、排せつや入浴、食事や移動介助などの日常生活に関する直接ケアの技術の向上は勿論の事、高齢者の生活の質を求められるという事でもあります。
施設の中でただ寝ていたり、起きて食事をするだけの生活ではなく、毎日の生活に生き甲斐や楽しみを持ってその人らしく生きていける支援が求められているのです。


生活の質を求めると言うことは、新しいことにチャレンジするという事です。

外出行事は高齢者にとって非常に楽しみな行事ですが、外に出かけることによって行動範囲は広がり、通常のケア以上の対応が必要になります。

その事は例えば転倒などの事故が起こるリスクを高める事にもなります。

今、話題の介護予防・日常生活支援総合事業にはこちらのサイトが最適です。

しかしながら、リスクを恐れていると生活の質を望むことが難しくもなるのです。

現場の事故から数多くのシステムが生まれてきます。事故が起きた時には職員は全員でその事故の原因を分析し、改善策を検討します。

goo ニュースの情報を調べてみましょう。

これを繰り返すことによって徐々にさまざまなシステムが生まれてきます。



例えばそれは、転倒事故予防の為の職員体制や歩行介助について皆で検討した改善策がシステムとして事業所のルールになっていきます。


事故は起こらないに越したことはありませんが、起こった反省を活かしてこそ次の予防に繋げられることになります。


その為に事故から学ぶことで、現場で実際に有効なシステムが作られて改善され続けていくのです。